院長室

« 10月 2017 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

膝と足のゆびの関係

先日テレビ番組で足のむくみと巻き肩の関係を取り上げて

いましたね。症状がある部位とは一見無関係の位置に原因を

求める考え方は大変良いですね。人体を俯瞰して力学的に

問題解決する方法論は様々な部位に応用できます。

 

膝の痛みも全く同じで、ヒアルロン酸の関節注射のみで

改善するケースはそんなに多くありません。つまり膝関節内

の問題以外にも痛みの要因があると言うことです。特に多い

のは実は足のゆびです。次に股関節。どちらが先に悪くなった

のかまでは分かりませんが、膝を挟んだ上下の関節も同時に

ケアすることがとても大事です。

 

足のゆびは体重による負荷を緩和する緩衝材の役割をして

いるので、より重要です。足のゆびが使えなくなる代表例が

外反母趾です。外反母趾は足の横アーチがなくなることが原因

で、それはまさに緩衝作用の低下です。膝痛がいつ出ても

不思議ではありません。外反母趾になっていなくても足裏の

前中央にタコができる方は要注意。既にアーチが減っています。

 

こういった症状は薬では改善できないので、専ら運動療法が

主になるのですが、まずやって頂きたいのが「ひろのば体操」

です。足ゆびを「ひろ」げて「のば」す体操です。書籍も多く

出ていますし、Youtube で動画も見られますのでうまく日常

生活に取り入れて続けてみて欲しいです。頑張って続けると、

膝以外にも嬉しい効果が出るかも!?知れないですよ。(^ ^)

    2017年1月30日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ