院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

運動不足でもいいよ

ダイエットしたいけど、寒いし。正月の過食分を取り返したい

けど忙しいし。などなど、皆さん運動をしようという意気は

あるのですが、現実的にままならないご様子で…。でも、

そんなに運動って効果があるのでしょうか?

 

運動と一口に言ってもフルマラソンから散歩まで、非常に

幅が広いですよね。さらに個人の目的によってもその強度は

変わるはず。運動は大事だけど、具体的に自分は何をすべき

かが分からない、というのも二の足を踏む要因になっている

のではないでしょうか。

 

当然治療に応用する運動療法も千差万別で、一概にこれを

すれば良し、というものはありませんが、重要なのは運動は

疲れる、ということです。例えば、糖尿病で体重オーバー、

日頃からぐったりしていて朝も起きづらい、という方は

既に疲労しているわけですから、減量のために良いと言われ

ても運動なんてできっこありません。

 

運動はたくさん酸素を必要とするわけで、その分活性酸素も

多く産まれます。その活性酸素を捌く能力が低下していては、

運動は逆効果になってしまいます。そして栄養に問題がある

人は往々にして活性酸素除去能力は低下しています。だから、

運動は大事ですけれど、治療に際する優先度は実は低いです。

食事、睡眠、運動の順番で優先度が高いです。

 

ただ、同一姿勢を取っていては腰痛や肩こりが悪化します

からストレッチ体操や、気分転換ついでの散歩などはもちろん

やって構いません。実際に食事の方が手を付けやすいですし、

効果を実感できるものです。

    2017年1月23日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ