院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

コーヒーは良いですか?

僕はコーヒーが好きで、昼休みにはココナッツオイルを

入れて飲んだりしています。カフェイン飲料ということで

患者さんからコーヒーの是非を尋ねられることがあります。

 

これは一概には言えなくて、人それぞれなんですが、何を

基準にすると良いかはズバリ、気持ちよさです。なんじゃ

そりゃ?と思ったかも知れませんが(^ ^;)、要はリラックス

効果を感じるかどうかなんですね。コーヒーを飲むとホッと

できるのであれば、それはOKのサイン。ではNGのサイン

とは?

 

これはコーヒーが “気付け薬” の役割をしている時です。

コーヒーを飲まないと目が覚めない、コーヒーを飲まないと

仕事がはかどらない、こんな場合はカフェインに頼って

血圧を上昇させているわけで、そもそも自分で血圧を上昇

できない副腎疲労の徴候かも知れないのです。

 

そうなると、1日に4〜5杯以上飲んでいることが多く、

胃の不調を招いていたりして、今度は胃薬が手放せなくなり…

という負の連鎖が始まったりもします。こういう飲み方は

やはりやめた方が良いでしょうね。なぜカフェインが必要な

身体なのか、を考えねばなりません。ちなみに僕は寝る前に

エスプレッソを飲んでも余裕で眠れます。

 

同様のことが塩分や糖分にも言えます。妙に甘味が欲しい、

最近味付けが濃くなった、という場合は血糖と血圧の上昇を

外部に依存している証拠ですから、ストレスを貯めていないか、

食事が偏っていないか、腸内と口内環境の乱れはないか、

と自身をチェックするべきです。

    2016年11月28日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ