院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

忙しい時ほど深呼吸

年末に向かって忙しくなる方は多いことでしょう。宴会が

忙しいという方も多いでしょう。(笑)それに伴い、疲れが

取れにくい、肩こり頭痛がする、集中力が落ちる、という

症状も増えます。こんな時にはどうする?

 

最も手っ取り早いのが実は深呼吸。ストレスや筋肉の緊張で

胸周りは想像以上に硬くなります。硬い状態での呼吸は非常に

浅くなり、酸素を十分に取り込めなくなります。すると、

酸素を大量に消費する臓器がまず影響を受けるわけですが、

それが脳です。上記の症状は浅呼吸による脳の酸欠による

可能性が高くなります。

 

ですから、しっかり酸素を取り込むことが治療にもなるの

ですが元々硬い状態の胸ではしっかりゆるまず思った以上に

吸い込めません。そこで、逆に最後まで息を吐き切ることが

重要になります。雑巾を絞るかの如く、最後の最後まで息を

吐き切ると、苦しくなって反動でどっと空気が入ってきます。

これを利用して多くの酸素を取り込むのです。連続で3回くらい

やると胸周りも弛緩してホッとする効果もあるでしょう。

 

逆に絶対にやってはいけないのが疲れた時の糖質摂取です。

栄養ドリンクや砂糖入りコーヒーなんかで景気づけ(?)する

人が居ますが、これは瞬間的に血糖値を上げるので元気に

なったような気がしますが、その反動で今度は血糖値が急降下

し、もっと不調になります。食事でも同様で、忙しいからと

短い時間でサンドウィッチやおにぎりをかき込めば同じ現象が

出現するので要注意です。

 

疲れたら深呼吸。ついでに仕事中の姿勢も見直してみましょう。

背中が丸くなって、顔を突き出してモニターを見ていませんか?

これもまた胸周りを圧迫して浅呼吸になり得ます。胸を緩めて

しっかり脳に酸素を届けましょう!

 

    2016年11月24日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ