院長室

« 10月 2017 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「ジャック・リーチャー/この世界の片隅に」

「アウト・ロー」のまさかの続編、「ジャック・リーチャー」

です。主演のトム・クルーズさんが相変わらず54歳とは思え

ない奮闘を見せます。まあ、トム様かっこええ!しかも今作は

ティーンな女子に振り回されて萌える!以上!な映画です。(^ ^;)

 

僕みたいに家訓でトム様映画を観ることを義務づけられてでも

いない限り(ウソ)必見ではないですが、80年代を彷彿と

させるご都合主義的な安心してワクワクできる(?)アクション

映画をお求めの方はにマッチするでしょう。しかしさすがに、

無謀なカーチェイスで民間人を危険にさらすとか、窃盗した

カードで飛行機のチケット買うとか、ミスを反省せずとっつかまる

ヒロインとか、ちょいと見過ごせない部分も多し。僕がオトナ

になったのだろうか。けど続編出たらまた観ます。家訓だし。(笑)

 

そして終戦間際の広島を舞台に描かれるアニメ「この世界の

片隅に」。またこれとんでもない傑作です。もう今年何回も

言ってるので価値が薄れてきた感がありますが、数年に1度

クラスの傑作が毎月出現しているのですから、ホント今年は

異常気象ですよ。

 

本作はごく平凡な女性が嫁いだ先で戦争が激化し、日常を侵襲

していく様を描いているのですが、そのディテールが凄い。

当時にタイムスリップでもしたかのような臨場感です。戦争映画は

もちろん反戦がテーマなんですが、この映画はありきたりの日常

を軸足に戦争をどこか遠く描くことで、残酷さをより強烈に

映し出します。

 

ほのぼのとした主人公を能年玲奈改め、のんさんが演じています

が、これがまた見事にハマっていて素敵。もっと脚光を浴びて

いいのに、芸能界って怖いね。でもじわじわ評判が広がれば、

自ずと彼女への評価も上がることでしょう。是非観てください。

日本人のみならず全ての人の心に響くことでしょう。難点は

惜しみなく広島弁なところ。(笑)方言をなるべくそのままに

するのが片淵須直監督の持ち味らしいですが、理解が追いつかない

場面もあるかも知れません。原作は数年前に連載されていた

漫画なんですが、速攻 amazon さんにお願いした次第です。(^ ^)

    2016年11月17日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ