院長室

« 11月 2017 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「湯を沸かすほどの熱い愛/PK」

僕は鑑賞した映画は劇場、DVD問わずリストにして評価

している(え?暗い?)のですが、年末にはそれを見直して

年間ベスト3を決定していたりします。(え?暗い?笑)

いや、もう今年はそれ無理。傑作が多すぎる。

 

「湯を沸かすほどの熱い愛」は末期癌で余命数ヶ月を宣告

された主婦の死までの生き様を描いたヒューマンドラマ。

寸評を見ると「最期までにやっておきたいことをパワフルに

こなしていく様に感動」などとありますが、そんな優等生な

映画では全くありません。所々にエッジの効いた爆弾を仕込ま

せた羊の皮を被った狼的作品です。

 

セリフや演出などの総合的な完成度で言えば「永い言い訳」

の方が遥かに上なのですが、パンチ力は断然こちら。主演の

宮沢りえさんはキャリアハイの演技ではなかろうか。しかし

そのさらに上を行くのは娘役の杉咲花さんでしょう。CMで

ぐっさんとむっしゃむっしゃ回鍋肉食べてるコですよ。実際は

19歳らしいので子役とは言えないですが、問答無用に

上手かった。素晴らしい。

 

監督脚本は中野量太さん。本格的な監督は今作が初なんだと。

恐らくラストシーンのためにタイトルからキャラ設定まで全て

作ったんだろう、と思われる。脱帽です。これまた必見作です。

涙腺大決壊映画でもあるので、鑑賞には気をつけて。(^ ^)

 

そして「PK」。密かに一番期待していた作品です。「きっと

うまくいく」の監督と主演が再タッグ、ということで何も前情報

を入れずに鑑賞。いきなり主人公が宇宙人でびっくらこきましたが、

これは展開上必然なのが分かります。インド映画なので、長尺で

お決まりのダンスシーンもあるのですが、今作はそれらは随分

抑えられて、ハリウッド的に寄せている印象です。しかし

アーミル・カーンさんの身体は相変わらず異常。51歳だそう

ですが、20代でも通用しちゃうでしょう。

 

今回扱うテーマはズバリ「宗教」。しかもかなり挑戦的です。

コメディータッチでいてその実、テーマは超社会的です。こんなん

よく上映できたな、と思ったら一部の地域では禁止になった

そうな。そりゃそうさね。ある意味この作品も羊の皮狼です。(造語)

 

ハリウッドに寄せたとは言え、ボリウッドであることは変わりなく

好みはかなり分かれるとは思いますが、テロが顕在化している

現代にあって、この作品の訴えは全世界に響くことでしょう。

紛れもなく傑作です。上映館数が少ないのが痛いところです。

 

淀川長治さんや水野晴郎さんが生きていたら、今年の映画界の

盛況ぶりに入れ歯を飛ばして(未確認)喜んだことでしょう。

いやぁ、ホントに映画って素晴らしいですね、さよなら、さよなら。

    2016年11月4日 金曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ