院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

冬の血圧

朝夕は随分と冷えてきました。寒くなると血管が

締まるので血圧は上昇する傾向にあります。ですから、

今の時期の血圧上昇は生理的な変化とみなす部分も

あることになります。

 

血液はその大部分が赤血球で、これが酸素を身体中に

運んでくれています。ヒトの臓器で一番酸素を食うのが

脳なので、常に新鮮な血液を求めています。脳は心臓

よりも高い位置にあり、脳が酸素不足状態になると

心臓は頑張って高い位置に血液を送ろうとしますから、

この場合も血圧は上昇することになります。

 

脳の機能が低下すればそれだけ効率も落ちるわけで

酸素需要は逆に高まります。となると高齢者の血圧上昇

もある程度は生理的な変化と言えるでしょう。つまり、

冬期の高齢者の血圧は高くても不思議ではないと言う

ことです。当然動脈硬化があっても血圧は上がりますが、

生理的な変化なのか、病的な変化なのかを見極める

ことが重要なわけです。

 

もし生理的な血圧上昇に対して降圧剤を使用すれば、

脳の酸素需要を満たせませんから、脳機能低下を招き

ますし、その先には脳梗塞があります。基準値だけで

薬剤処方するのは危険だということが分かると思います。

 

ちなみに血圧の急な変化もとても危険です。リビングは

暖房で暑いくらいだけどトイレは寒いとか、風呂場は

暖かいけど脱衣所は冷えている、というのはあまり

良くないです。色々工夫して、屋内での寒暖差を作ら

ないようにしましょう。

    2016年10月31日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ