院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ココナッツオイルのおさらい

もうすっかりブームも去ってしまったココナッツオイル

ですが(^ ^;)、当院での販売再開を機にその効能を

もう一度押さえておきます。

 

食材のブームは大抵痩身か美容が売り文句になりますが、

ココナッツオイルもダイエット効果があるとのことで流行

しました。ココナッツオイルの最大の特徴は中鎖脂肪酸を

多く含有することです。この中鎖脂肪酸がケトン体に変換

されるのですが、ケトン体はカロリー源になるんですね。

ですから、ココナッツオイルを摂ることで、糖以外からカロリー

産生をできるようになり、結果としてインスリンの過剰

分泌を抑え、脂肪細胞の合成を抑制できるという理屈です。

 

つまり糖質も中鎖脂肪酸も両方摂っていては痩せません。

糖質制限のお供として最適なわけで、ココナッツオイル自体

に痩身効果を期待しても肩すかしを食うでしょう。(^ ^;)

 

栄養療法の目的の一つに「燃費の良いカラダ造り」があり

ます。糖質はカロリーになりやすいですが、持続しません

ので燃費はとても悪い食材です。逆に脂肪は血糖値の変動

を招かないので空腹感が出にくく、カロリー量も多いので

燃費は良いのです。これはつまり糖質依存からの脱却の

ツールになり得るわけで、生活習慣病だけでなく、うつや

アレルギー、癌といった糖質過剰と深い関わりのある疾患の

治療になり得るわけです。

 

24℃以下で固体になるという性質があるので、これからの

季節は固まってしまいますが、その方がベタベタにならず

扱いやすかったりもします。初めはコーヒーやカレーなどの

味の強いものに入れると抵抗がないかも知れません。どう

してもココナッツの香りが苦手な方は、日清オイリオから

発売されているMCTパウダーを使うと良いでしょう。

    2016年10月24日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ