院長室

« 9月 2017 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「聲の形/レッド・タートル」

いまだ収まらぬ「君の名は。」ムーブメント。確かに僕も

絶賛したけど、周囲が盛り上がると冷めたりする天の邪鬼

なヤツです。「シン・ゴジラ」も観てね。

 

さてさて、「聲の形」も日本のアニメで、ほんわりした

ビジュアルとは裏腹に胸を強烈にえぐる傑作、いや、問題作です。

主人公は小学生の頃に聾唖の転校生に悪質なイジメをします。

でもその後今度は自分がイジメの対象となり、孤立したまま

高校生に。因果応報の諦観を持ちつつも拭えぬ罪悪感からある

行動に出るのですが…、というお話。原作コミックは未読ですが、

極めて情報量の多い、それでいてまとまりの良い脚本が秀逸です。

 

イジメは社会問題にもなっていますが、その本質が差別や格差

なのであれば、子供社会に限ったことではありませんし、

また恐らく消えることのない人間の性でもあると思います。

だからこそ、観客全員がハッとし目を背けられなくなる。僕も

心が痛かった。本作が素晴らしいのは、聾唖の少女を憐憫の

対象とせず、登場人物の心像を平等に描いているところでしょう。

「君の名は。」のような圧倒的な迫力はありませんが、繊細で

全員に響く素敵な作品です。でも上記を踏まえて観ないとヤケド

するぜ!

 

そしてジブリがちょっと絡んでることでこれまたちょっと話題に

なったフランス発のアニメ「レッド・タートル」。なんと無声

映画です。海で難破して無人島に流れ着いた青年と不思議な

赤いウミガメとの関わりを描くのですが、非常に抽象的で、まあ

フランスはそんなん多いけど(^ ^;)、答え丸投げ的な作品です。

その時点で苦手な方もいると思いますが、日本アニメの当たり年

の影で意外と存在感を放つ異作です。

 

解釈の仕方は様々ですが、だからこそ楽しみ方も色々あると理解

すれば一見の価値アリです。ちなみにジブリ臭ははぼありません

ので(笑)、それは期待せぬよう。でも自然の描き方やデフォルメ

された蟹さんはやはりジブリの影響か?そんなことを考えるのも

既に監督さんの手のひらの上なのかもね。

 

しかし今年は邦画の勢いが凄い。近年稀に見る豊作ですね。10月

も話題の邦画が目白押しなのでまだまだ収穫がありそうです。

    2016年9月29日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ