院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「君の名は。」

どこでどう火が付いたかよく分からないんですが、超絶人気

で都市部では満席も出ている日本のアニメ映画「君の名は。」

です。僕も全くノーマークで、評価の高さから観に行った

クチなんで、新海誠監督の過去作品なんかは未見です。

 

うん、確かに凄かった。CMでは、遠く離れた場所で心を

通わせる少年と少女の物語とだけ紹介されていて、通常なら

「かっ!ぺっ!」的反応(お下品)でスルーしちゃうトコ

だったのですが、見逃さないで本当にヨカッタ。確かに

前半は青春映画まっしぐら(?)で若干こそばゆい思いを

するわけですが、これは実はミスリードで、下手をすると

SF過ぎて引かれてしまう本作のメインテーマを現実に繋ぎ

止める役目もしています。つまり脚本演出が極めて上手い。

 

中盤以降のミステリアスな展開とラストへのカタルシスは

美しい画と相まってゴジラ顔負けの迫力。人の絆を描きながら

も、感動お涙頂戴な方向性でなくどこか冷めた、俯瞰した

距離感で終始するのも好感度高しです。このあたりも

ヒューマンドラマを敢えて排除した今年の大傑作「シン・

ゴジラ」と何となくリンクするのですよ。両作ともネタバレ

厳禁でここまで来ているので、内容紹介はここまでで。

 

アニメと言えば声優さんが重要な役割を担いますが、旬な

俳優に無理くり声をアテさせる風潮がある中、今作の

ヒロインには上白石萌音さんが抜擢。大大傑作「おおかみ

こどもの雨と雪」にも出演しているそうで。もう一人の

主人公の少年には神木隆之介さん。お二人とも素晴らしい

演技でした。性別を超えるので(笑)なかなかの難度を

要求される役を見事にこなしています。

 

大号泣するような作品ではないですが、日本人の文化に

根ざした、美しい映画です。邦画の実写とアニメでこんなに

盛り上がった年があっただろうか。この夏はゴジラと本作

に感謝です。

    2016年9月5日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ