院長室

« 10月 2017 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「シン・ゴジラ」

庵野、やりやがった。(敬称略)2年前のギャレス・エドワーズ

版はゴジラの怪獣映画的側面を突き詰めていて、賛否はありました

が僕は大好きでした。そして今作、エヴァンゲリオンの庵野秀明

さんが総監督を務める日本発のゴジラ最新作は、ゴジラの社会的

側面を強烈に押し出した傑作となりました。

 

まあゴジラはファン層が幅広いので、やはり今作も賛否があると

思いますが、子供向けでないポリティカルな作品に仕上がって

いる点で、初代作品へのオマージュが強い作風であることが

特徴です。「ゴジラvs〜」シリーズを期待して行ってはイケマセン。

 

特にゴジラを無慈悲な破壊者として描いている部分やそれに

直面する市民の描き方から、明らかに東日本大震災を意識して

いて、さらにはそれに対応した政府や官僚達への痛烈な批判

にもなっています。はっきり言って、これがメインです。

だからこそ、今作は日本人の心に刺さりますし、庵野監督が

敢えてゴジラに手を出した理由にもなっているのかと思います。

 

社会映画色が強いですが、怪獣映画としても十分見所は多く、

ゴジラが本領発揮するシーンには口ポッカーンになること

請け合い。(笑)ゴジラそのものの造形も登場から最後まで、

驚かされ続けます。そして随所にエヴァを意識させる演出があったり、

古き良き東宝映画的演出があったりと、庵野監督にしては観衆

寄りのサービスが目立ちます。でもこれも社会的要素に偏りがちな

内容のバランサーになっていて、とても賢いと感じました。

 

宣伝方法も秘密保持が徹底していて、昨今目立つCMでの重大

ネタバレ事案にならなくて本当に良かった。俳優陣もチョイキャラ

まで有名俳優が起用されているので、それを探すマニアックな楽しみ

にも対応してくれます。ひとつ難点を挙げれば、石原さとみさん役

のキャラですかね。ルーです。大柴です。いや、それを演じきってる

彼女は素晴らしいんですが。(^ ^;)

 

いや、派手で軽くて観終わった後マッハで忘れる感動を押し売り

するSF超大作的ハリウッド映画の対極に位置する、あらゆる

意味で純和風な力作です。

    2016年8月4日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ