院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

暑いけど寒い、渇くけど湿る

まだ梅雨明けしていないのに真夏のような暑さが続き

ますね。なかなか身体の順化が追いつかなくて不調に

なっているケースが多いです。

 

屋外は暑いのに、職場は冷房でキンキンに冷えてる。

たくさん汗をかいて枯れそうだけど、梅雨で湿度が

高い。こんな真逆の環境にさらされるわけですから、

そりゃあ調子も悪くなるってもんです。メディアでは

盛んに熱中症対策を呼びかけていて、それはもちろん

大切ですが、逆の「冷え」や「湿度」についても

取り上げてもらうと尚良いですね。

 

水分やミネラルをしっかり補給することで脱水は予防

できますが、例えば冷たい水で腹が冷えてしまうこと

があるし、摂りすぎて下痢になることもありますね。

日本人は総じて冷えやすく腸も弱いので、水分補給の

具体的な方法がより重要です。凍らしたスポーツドリンク

や、氷を入れた冷静お茶漬け(!)なんて冷えた

砂糖水を飲むようなものなので二重に良くないです。

 

常温とは言いませんが、水分は冷やしすぎないように

すること、冷房が強い場所では頚や腹など冷えやすい

部位を保温できるツールを用意すること、あとは

タンパク質を切らさないようなメニューにすること。

タンパク質が少ないと水分代謝異常が出やすく、

むくみやだるさの原因になります。

 

豆腐+味噌汁+鰹節とか、冷や奴+じゃこ+鰹節なんて

暑い時期のタンパク補給にもってこいです。さらに

目玉焼きや卵焼きを足せばなお good !です。梅雨明け

すればむしろ体調は落ち着くかも知れませんが、それ

までは十分な対策が必要です。

 

    2016年7月11日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ