院長室

« 10月 2017 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

抗加齢医学

日本語で書くとえらい難しそうな雰囲気が漂いますが、

要するにアンチエイジングを医学的に研究しようぜ!

ってことです。世界レベルでも、また日本でも大きな

学会があり会員数も随分増えているようです。

 

アンチエイジングと言うと「美容」というイメージが

あるし、抗加齢というと若者には関係ないように思わ

れるので、なかなか本質が理解されていないのが現状

です。我々の細胞は新陳代謝で日々入れ替わっており、

その破壊と新生のバランスが崩れてしまうことが病の

根本です。そしてそのバランス不調の原因を探って治療

に結びつけていく学問が抗加齢医学ですから、全ての

年齢層に対応しています。美容に対してもそういう方面

からのアプローチです。

 

例えば、花粉症と腸内環境の関連なんかは最近メディア

でも取り上げられるようになって来ましたし、肌荒れや

皮膚のたるみと食事の関係も明らかになっています。

これらも実は代謝に関わる科学的な分析が進んだからで、

抗加齢医学の範疇です。

 

薬一辺倒な治療での限界が見え始めている現代において

代謝の仕組みから治療を組み立てていくことは医療者に

とっても新鮮ですし、患者側も難治と言われていた病態

に光明が指すかもしれない素敵な学問だと思います。

 

惜しむらくは、食事などの生活指導をしても保険点数には

ならないので実践する医師は急には増えないでしょうし、

やるとなると保険外診療となって患者負担が大きくなって

しまうことですね。ここがクリアできたら日本の医療危機

にも光明がみえることでしょう。

 

    2016年7月4日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ