院長室

« 11月 2017 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「ボーダーライン/サウスポー」

今回は硬派な2本を紹介。

 

「ボーダーライン」はメキシコを舞台とした麻薬に絡んだ

犯罪映画。町並みが似ていて、人物名が分かりづらく、展開が

早いので、結構ついていくだけでやっとですが、その緊張感

はハンパない。暗視スコープをつけて敵地に侵入するシーンは

圧巻です。息止まりそう。結構エグイ表現もあってそちら方面

でも息が止まりそうになります。(^ ^;)

 

特筆すべきは俳優陣。久々登場のベニチオ・デル・トロさん

は、そのシブさにもうクラクラです。ジョシュ・ブローリンさん

もカッチョ良い。最近よく見かけるエミリー・ブラントさん

も良かった。味のある美人さんですな。邦題についていつも

文句垂れてますが、今回に限ってはこの邦題で良かったです。

これを意図して仕掛けたとしたら、この宣伝マンは有能ですわ。

 

そして「サウスポー」。成功と奈落、そして再出発を描いた

ボクシング映画。主演のジェイク・ギレンホールさんのキレキレ

ボディもレイチェル・マクアダムスさんの可憐な人妻具合も

とても良いのですが、何と言ってもこのジャンルは「ロッキー」

という不滅の名作がありますし、昨年末に「クリード」という

大傑作まで作製されてしまっているので、どうしても2番煎じ

になってしまう。

 

逆に比較されることに開き直ったのか、オマージュに思える

シーンもちらほら。意図してやったのなら、というか確信犯

だろうな。(笑)全体的に安っぽい作りになってしまっては

いますが、真正面から「ロッキー」にぶつかっていく姿勢を

評価したいところです。この映画では子役が結構重要ですが、

日米の子役の質の差に愕然とさせられるくらい上手です。

日本はまだ「大人の描く子役像」を良しとしている傾向があり

ますからねぇ。子役が下手なのではなくオトナが原因なんだと

思います。

 

さてこの2作、共通点はな〜んだ?

答は…もう公開が終わってしまったこと!(ええっ)すごい

良い映画なのに超速で終了してしまいました。収入があまり

見込めないとこうなる運命ですが、それだけで質の良い映画が

淘汰されるのは惜しいですね。名駅にできる新しいシネコン

に期待です。

    2016年6月30日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ