院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

漢方薬で痩せますか?

度々こういう質問を受けます。もしくは「痩せる漢方薬を

ください。」とか。市販で「脂肪燃焼」と謳った漢方薬が

売られていたりするので無理もありません。

 

冷静に善意を込めて言うのであれば、「痩せることもあり

ます。」というのが回答です。上記の通り、脂肪が多い人は

それを燃焼させることで痩せるわけですが、燃焼している

現場は筋肉です。つまり筋肉が必要量ある人は漢方薬でも

痩せる可能性があるということです。

 

とは言っても、漢方薬も薬ですから漢方薬で痩せるのは

ドーピングに他ならず、多くは交感神経系を賦活させて

代謝回転を上げるのがそのメカニズムです。あるいは

便通や排尿を促進させているだけ、というものもあり

ます。それが必要な病態であればイコール治療になる

ので、別に問題はありませんが、ただ痩せるためだけに

交感神経を興奮させれば、不眠や動悸、発汗などの

弊害が出かねません。だって薬だもの。

 

やはり安易に投薬に頼らず、過剰なカロリー源を減らして

筋肉維持の努力をすることが確実なのですよ。そして

意外と重要なのが咀嚼です。噛む回数が少ないと早食い

になり過食になりますし、唾液が少なく消化酵素も

出ないため吸収効率が悪く満腹感が得られません。

空腹の時は敢えてジャーキーやするめ、昆布などの

糖質ではない歯ごたえのあるもの選択すると良いですね。

 

何を食べないか、何を食べるか、そしてどれだけ噛めるか、

が大事。これが本当の回答です。

    2016年5月30日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ