院長室

« 10月 2017 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「あやしい彼女」

いや、おもしろいよコレ。73歳のちゃきちゃき婆ちゃんが

20歳に若返ってしまうというファンタジーコメディ。そんな

ジャンルも観るのデス。

 

女手ひとつで娘を育て上げ、周囲からは距離を置かれる悪態

ぶり、でも気概は人一倍高貴な元気印の婆ちゃんがひょんな

ことでぴちぴちギャル(死語)になっちゃったことで巻き起こす

騒動がとても小気味よくて楽しい。この手の作品にツッコミを

入れるのはナンセンスですが、その分強力な魅力や迫力が

要求されるジャンルでもあります。ファンタジーのくせに妙に

説明セリフが続いたり、役者がハマっていなければ急に冷め

ちゃうんですよね。

 

この作品においての魅力は、何と言っても若返った婆ちゃんを

演じる多部未華子さん。なんかめっちゃかわいい。今風でない

顔立ちが功を奏して、違和感なく物語に引き込みます。そして

迫力は歌。多部ちゃん、うまいやん。過去を思い出しながらの

歌唱シーンは圧巻です。この演技の説得力を出させているのは

リアル婆ちゃん(?)を演じる倍賞美津子さんのおかげなわけ

ですが、にしても多部さんに依るところが大きい作品です。

 

また要潤さん、小林聡美さん、志賀廣太郎さん、といった

実力派俳優陣も出過ぎず、ハシャギ過ぎず、ちょうど良い演技

で心地よかったです。その勢いで主題歌の「帰り道」もつい

過剰評価してしまうほど。(^ ^;)

 

監督は水田伸生さん。「謝罪の王様」での悪ノリを反省した

のか(笑)、バランスの良いコメディ作品に仕上がっております。

韓国映画のリメイクなのでオリジナルでないところは残念無念

ですが、心の洗濯になる素敵な映画です。

    2016年4月4日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ