院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

しびれの治療

通常、しびれは神経に由来する症状とされます。なので

神経の異常があるかないかを調べるのが常套で、診察で

感覚や運動の検査をしたり、MRIで神経圧迫がないか、

などを見ていきます。

 

しびれが難しいのは、こういった一通りの検査でも異常

が見られないことが多々あるからです。ヘルニアや脊柱管

狭窄があって神経を圧迫しているとか、脳梗塞があった

とか、ガングリオンが神経の傍にできたとか、長期にわたる

糖尿病歴とか、意外とこういうケースは少ないものです。

 

そもそも痛みだってかゆみだって神経を介して感じる症状

なのですから、しびれに特化した異常を見つけようとする

ことに無理があるのかも知れません。画像検査や理学所見は

もちろん重要な情報源ですが、そこに異常がないから問題

なし、とはならないわけですね。

 

そこで持つべき視点は、一歩引いて、神経の修復に問題が

あるのではないかとか、神経過敏で感じやすい状態になって

いるのではないかとか、などです。修復に問題があるとする

ならば血流が悪いかも知れないし、過敏になっているのなら

ストレスが隠れているかも知れないな、と可能性を広げて

いくわけです。

 

こういう時に頼りになるのが漢方医学的な解釈だったり、

栄養学的な視点だったりするので、僕はこの2つをとても

重宝しています。漢方好きの医者とか、食事にうるさい医者

とか思われがちですが(笑)、解決に導く可能性がある

からやってるだけなんですよね。少なくともしびれの特効薬

なんて現状存在しませんから、画像異常がない場合、

この視点は必須だと思っています。

    2016年3月17日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ