院長室

« 12月 2018 1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

腰痛肩こりの裏に

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症は実は意外と

少ないぜ!というお話を前回しましたが、では腰痛や

下肢のしびれの犯人は誰なのよ?という疑問が当然

湧きます。

 

ヘルニアや狭窄症は神経を圧迫する病態ですが、痛みや

しびれを感じるのもまた神経ですから、神経は関係ないの?

ハテナ?と思っちゃいますよね。これは「神経圧迫」に

原因を求めすぎるのが問題なのであって、神経が感じる

症状の原因が他にもあるんちゃう?という視点が重要

ということです。ややこしいね。(^ ^;)

 

そういう広い視点で見ると、原因は実に様々です。なので、

症状の原因を個別に突き止めることは確かに困難です。

ただ近年の傾向では、座位での仕事や生活が多いですから、

そこに原因を求めるのはハズレが少ないかも知れません。

 

肩こりや腰痛があると、その部位をさすったり揉んだり

したくなりますが、なぜそこが張るのかと言うと、意外と

「反対側」に原因があったりします。つまり身体の前面

です。腰なら腹、肩や背なら胸です。

 

力こぶの筋肉は上腕二頭筋と言いますが、ここに力を

入れる(=収縮)ためには反対側の三頭筋が伸びなければ

(=伸展)いけません。同様に腰も背中も首も収縮と伸展

でバランスが取れています。収縮と伸展の不均衡が痛みの

原因となっていることがあるのです。特に反らせる時に

痛みや不具合を感じる方は「前面」に痛い箇所を探して

みてください。そいつが犯人!…かも。

    2016年2月4日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ