院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「クリード」

年末のこのタイミングのブログは「仕事納め」とか

「総括と抱負」的内容になるのがまあ平均的で、僕も

平均的感覚は持ち合わせているつもりですけど、そんな

ご託を吹き飛ばす傑作を観てしまったのだから仕方がない。


「クリード」とはロッキー・バルボアの永遠のライバル、

アポロ・クリードのクリード。もうこの時点で「?」の

人もいると思いますが、そう、本作は「ロッキー」なん

ですよ。「ロッキー」シリーズは6作制作されていて、

前作「ロッキー・ザ・ファイナル」で完結しました。

これが素晴らしい作品だったので、今作はスピンオフ、

便乗作品、くらいの感じだったのです。昨今は「私、失敗

しないので!」よりむしろ「私、失敗したくないので!」

という潮流があるのかリメイクや続編が多いですからね。


…いや、ゴメン。最高。タイトルにロッキーの名を使わない

のがまた奥ゆかしい。アポロの息子をロッキーがトレーナー

になって鍛えるだけという単純ストーリーではありますが、

随所にロッキー愛が溢れていて、ロッキーファンは涙腺

決壊間違いなし。しかも驚愕の長回しがあったりと演出の

工夫もしっかりしています。


監督・脚本のライアン・クーグラーさんは弱冠29歳と

いうのも驚愕。全然ロッキー世代じゃないじゃん。なのに

この愛は何よ?!主演のマイケル・B・ジョーダンさんの

演技も肉体も素晴らしい。この2人は他作でもコンビを

組んでいますが、そちらも名作だったりします。


既に超人ではないロッキーと、虎の目をした親友の息子。

ファイナルの先にこんな見事な世代交代が待っていようとは。

今年の映画ランキング1位は「セッション」で決まりだった

のですが、滑り込みで脅かす存在が出てきたなー。ニヤニヤ。

ちなみに2位は「キングスマン」で、3位は「明烏」。(笑)


「ロッキー」シリーズ未見の人には向いていないかも知れ

ませんが、いっそ正月休みにシリーズを観ちゃってください。

傑作が待っています。(^ ^)

というわけで、よいお年を。

    2015年12月31日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ