院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

脚下照顧

「きゃっかしょうこ」と読みます。元は仏教用語で、自分の

足元をよく見なさい、他人のせいにしないで常に自分を顧み

なさい、という意味です。大切なことよね。


足元を正す、というのは治療にも言えることで、身体の土台

たる足に不調があればそれを補うように上方に負荷がかかって

いき、全身の症状となってしまうんです。一時期、杭のデータ

改ざん問題で持ちきりでしたが、あの問題も最初から杭に注目

されたわけではなく、きっかけは上階の手すりのズレでした

よね。これがそのまま人間の身体にも当てはまると言うことです。


高層ビルは上階の方が風邪の影響が出やすいです。まあ耐震の

ために敢えてそうしている場合も多いですが、物理的に上に

行けば行くほど不安定になるものです。頭痛やめまいといった

「上方の」症状はもしかしたら足の不安定性が原因かも知れま

せん。


では足の不安定性をどう見極めるか、ですがまず外反母趾が

ある方はもうその時点で不安定性アリです。痛くなくてもです。

足はアーチ構造があって衝撃を分散する仕組みがありますが、

外反母趾ではこのアーチが潰れてしまっているからです。また、

足の指や前足底部にタコがある方もアヤシイですね。これは

通常ないはずの圧力が集中するためですから。歩くときの

足音がやかましい人もその傾向アリかも。


しもやけでもできないと意外と放って置かれることの多い足

ですが、寡黙に毎日身体を支え続けています。そしてその

負荷の影響が全身にも及びます。1日に1回は足と足の指を

よーくほぐしてあげてください。

    2015年12月3日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ