院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「コードネームU.N.C.L.E」

「今年はスパイ映画が当たるぞよ!」と占いに出たのかどうか

知りませんが、多いですな。「M:I」、「キングスマン」そして

本作、「007」…。まあ好きだから良いし、しっかり面白いので

何の文句もありません。はい。


しかも本作は「スナッチ」のガイ・リッチー監督ですよ。テレビ

ドラマのリメイクとは言え、監督のらしさ炸裂で素敵です。

実際意味不明な作品もあったりするので、アベレージヒッター

ではなくホームランバッター的監督さんですが、今回はアタリ。


アメリカとソ連の冷戦時代にCIAとKGBの腕利き同士が

一時的にタッグを組んで共通の敵に立ち向かう、というストーリー。

あまりシリアスではなく、性格の違う2人の活躍を描くバディ

ムービーの様相が強いです。細かい設定はスルーしてあげるのが吉。

ではありきたりの感動アクション映画かというと、そこはガイ・

リッチー監督。海猿的仕上げはしておりません。(笑)皮肉と

外しの演出で飽きさせません。


主演はCIAの方がヘンリー・カヴィルさんで、KGBの方が

アーミー・ハマーさん。まあ頑張ってはいますが、アーミーが

ロシア人に全く見えないのが厳しい。ヘンリーはカッコええ。

正直もう少しクセのある人選でも良かったかな、と。BGMも

イカしてますが、何から何まで「スナッチ」に及ばない感じなん

ですよ。一つ傑作があると較べられて大変ね。(^ ^;)

しかも今年は「キングスマン」というぶっちぎりにイカした

作品の後なので、どうしても見劣り感がしてしまう。


今年スパイ映画は初めてで、ガイ・リッチー監督作品未見であれば

文句なくオススメできます。そんな人いる?あ、うん、結構いるか。



    2015年11月19日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ