院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

あいうべ本

当院ではBスポット治療という聞き慣れない治療を行って

おりますが、この「B」は英単語の頭文字ではなく「鼻咽腔」

の頭文字だというのはあまり知られていない事実。


この鼻咽腔に慢性炎症があると身体中に炎症が引き起こされ、

鼻炎症状だけでなく腎炎や皮膚炎の原因になり得ます。これを

治療するのがBスポット治療なわけです。で、さらにその

鼻咽腔の炎症を引き起こす原因の一つが「口呼吸」です。


本来人間は「鼻呼吸」優位でなければいけないのですが、

「口呼吸」優位になってしまうと、鼻咽腔の炎症が起こり

やすいのです。そしてその「口呼吸」を改善する体操が

「あいうべ体操」です。やっとタイトルに繋がった。(^ ^;)


何度かこのブログでも取り上げていますが、この「あいうべ体操」

の総集編とも言うべきムック本がこの度発売になりました。


自律神経を整えて病気を治す-口の体操「あいうべ」


驚くべきは改善症例の写真の数々。ホントに?!と疑ってしまう

ような例がたくさん収録されています。また、体操方法だけで

なく、口テープのやり方や効果も紹介されています。僕も診察で

極力説明していますけど、時間的にも難しい部分がありますので、

是非一度この本を参考に自身の生活に取り入れて頂きたいと

思います。っていうか、やって、お願い。(笑)


特にこれから冷えて乾燥してくると、インフルエンザや風邪との

戦いになります。鼻呼吸でいつも口腔内が潤っている人ほど、

これらの罹患率は低いものです。さらにはアレルギーや精神疾患も

この季節悪化しやく、口呼吸と関係しているかも知れません。

薬を飲むよりも先に、自分で自分の身体を守る手段を手に入れて

頂きたいと思います。っていうか、やって。(笑)

    2015年11月16日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ