院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「ジョン・ウィック」

「キアヌ・リーブス完全復活!」と銘打ったアクション

ものです。別に休んでたわけでもないのに「復活」なんて

言われるとキアヌも複雑でしょう…。(^ ^;)


ストーリーは至ってシンプル。足を洗った凄腕ヒットマンが

ある事件をきっかけに復讐鬼と化し、バッタバッタと敵を

殺しまくる、というだけ。注目すべきは“ガンフー”とか言う

この映画のために創造されたガンアクション。流れるような

体術と至近距離からの射撃の組合せはなかなかに素敵。

“ガン・カタ”最高だけど“ガンフー”も良いじゃん。


で、逆にそれ以外はちょいとイタい。暗殺者を殺す仕事

を請け負っていた、という設定の主人公なので、強いのは

いいんだけど、全部真っ向勝負という暗殺者たらぬ戦略の

数々は設定を揺るがしてしまいます。しかもそのせいで

捕まって親友に助けられて、親友が殺害されるという、

これまたらしからぬ展開に唖然。ランボーでもそんな戦法

とらんぜよ。


悪役がショボイのも残念なところ。ロシアンマフィアの

冷酷さをもっと前面に出さないと主人公の強さも引き立ち

ません。殺しのプロ同士の戦いなんだけど、結局は復讐し

合いの肉弾戦、という結果になってしまいました。既に

続編作成が決定しているそうで、できれば主人公の路線を

しっかり方向付けして欲しいところです。って、まあ続編

絶対観ますが。(笑)


でさ、続編作成決定は公開前から知らされていたんだけど、

本編の最初のシーンが瀕死の主人公なわけですよ。本来、

えっ?!どうしてこうなった?そしてこの先どうなるわけ?

という演出のハズなのに、続編決定を知ってるから主人公は

ここで死ぬわけないじゃん、とイキナリ白けちゃうん

ですよ。これは結構致命的。もう少し宣伝時期も考えて

欲しいです。誰に言えばいいか分かんないけど。

    2015年10月22日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ