院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「楽」と「楽しい」は別

まあ辞書でも全然違う意味なので、言うまでもないこと

ですが、こと仕事に関しては明確に分けた方が良いと思い

ます。


楽しい、というのは仕事でなくても、とても良いこと

ですね。他人が楽しそうにしているのを見るだけでも

気持ちがよいものです。仕事が楽しいというのは充実して

いる状態でしょう。でも楽しさは相対的なものですから、

その楽しさを得るためにきっと苦労をしたのでしょう。

何もしてないのに無条件に楽しい、というのはまあ

ちょっと精神的にアレかもしれないし。(笑)


楽というのは、「手抜き」みたいなニュアンスで捉えられる

ことがあり、なんかイメージはイマイチ良くないです。

「苦労は買ってでもしろ!」なんて言うのは楽がいけない

ことの裏返しみたいな表現です。


そうすると常に苦労して楽しい職場にしようじゃないか、

との結論になりそうですが、さあ、いかがですか?

日本の社会ではこれは受け入れられ易そうですね。年商

何十億という会社の社長さんも常に企業努力をしてさらに

上を目指して苦労を絶やしません。まあ個人の勝手だし、

それぞれの価値観を優先すればいいんですが、見方によっては

苦労をし続けなければいけないシステムは非効率的だとも

言えると思うんですね。


僕は一宮に帰ってきた当初は修行のためにサービスで

AKA−博田法を行っていて、そのせいもあり1日30人

近くの患者さんに施術をしました。人の身体を触るという

のは思った以上に疲れます。未熟ならなおさら。結果が

出ないのに身体は疲れるし、悔しいし辛いし、楽しくも

なかったです。だからこそ得られたものは大きいし、僕だけ

の感覚なのでとても大切ですが、だからと言ってこの先も

1日が終わって気が抜けたようになる仕事の仕方をしよう

とは思いません。それは何かやり方がマズイせいだと思う

から。


職種によって、立場によって考え方は違って当然ですが、

「苦労に裏打ちされた楽で楽しい仕事のやり方」が

現在の僕の目指すところです。

    2015年10月12日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ