院長室

« 10月 2017 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

症状は末梢に現れる

末梢の反対は中枢。例えば脳梗塞で手足が麻痺した場合、

麻痺という症状は四肢に現れますが、トラブルは中枢である

脳にあります。腰椎椎間板ヘルニアも下肢がしびれたり、

痛んだりしますが、原因は腰です。このように医学的に中枢

というと脳や脊髄のことを指す場面が多いのですが、今回は

そういう解剖学的な話ではありません。


症状は病院に行くきっかけとなる嫌な現象ですから、もちろん

それを取りたいわけですよね。でも何の理由もなくその症状が

出現するわけもないので、本当に治すべきは症状そのもの

ではなく、理由となっている部分です。しかしながら、いつも

理由が明らかになっているわけではないので、とりあえず

楽にする方法が必要になります。これが対症療法です。


対症療法が無駄なわけでは決してありませんが、西洋医学的な

治療の大部分はこの対症療法であることを認識しないと、延々と

薬を飲み続け知らぬ間に肝臓が悲鳴をあげる、なんてことに

なりかねません。以前シリーズで紹介した癌の治療もまさに

そういうことです。また、症状は身体の発するメッセージである

ことも多々あります。それを対症療法で消してしまうことは、

自分自身に「鈍感」になることとも言えます。鈍感になれば

さらに理由は分からなくなってしまいますよね。


なかなか血圧が下がらない、朝起きると頭痛がする、薬を飲む

と食欲が落ちる、これらは全部身体のメッセージです。なのに病院

に行って鈍感になる薬をたんまりもらう。忙しくて来院できないから、

なるべくたくさん欲しい。いや、もうそこに良くならない理由が

ありますよね。(^ ^;)少なからず心当たりのある方は、自分の

身体の信号に「敏感」になって、身体が喜ぶことを選択してみて

下さい。きっとその方が、正解の治療法だと思います。


症状はすべからく原因ではありません。つまり「末梢」の現象

です。そのサインを発する元を探っていくことが治療であるべきだし、

僕らはそこを適切にリードする役目を負っているのだと思って

います。でもそこは共同作業でもあります。患者さんにはどんどん

敏感になってもらって、気付いた身体のサインを是非教えて下さい。

    2015年10月8日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ