院長室

« 10月 2017 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「キングスマン」

マシュー・ヴォーン監督復活!傑作アクション「キック・アス」

からどうも弾けきれない感じでしたが、この度めでたく比肩

する傑作を世に送り出してくれました。


今度はスパイアクション。しかも落ちこぼれ主人公が良き師に

導かれて成長し巨悪に立ち向かうという、ジャッキー映画並みの

王道ストーリー。さらに英国映画だけあって、旧007への

オマージュたっぷりで、往年の「スパイ7つ道具」みたいなの

を駆使したり、地下の秘密アジトがあったり、ととても楽しい。


最近の007は随分リアル志向なので、どちらかと言うと

M:Iシリーズに近いかも。じゃあトム様に敵うわけないじゃん

と思いがちですが、そこがこの監督さんのセンスが光る部分。

タランティーノやロドリゲス監督よろしく、人体爆裂しまくり

ます。(笑)というか「フロム・ダスク・ティル・ドーン」や

「プラネット・テラー」まんまじゃんとツッコみたくなる

部分も。(嬉笑)


この辺のB級テイストやグロシーンをして不謹慎と見る向きも

あるようですが、PTAじゃあるまいし、もっと大らかに楽しみ

ましょう。この映画はシャレの効いた、かつオシャレな類の

作品です。特に主人公の師となるベテランスパイを演じる

コリン・ファースさんの格好いいこと。特殊効果もあるのだろう

けど、「マトリックス」?!「リベリオン」?!と錯覚する

ようなキレのあるアクションを披露しています。両足が仕込み刀

義足の美人秘書(笑)という、とんがったキャラを演じる女性も

異常に身体能力が高いと思ったら、リアルダンサーのソフィア・

ブテラさんという方でした。見ようによってはディカプリオに

見えなくもない主演のタロン・エガートンさんも好演してて

これからアクションもできるイケメンとして売れるかもね。


楽しすぎてレビューを前後編にしようかと思いましたが、

俯瞰するという記事を書いたばかりのヤツがすることか?!

と思いとどまり、この辺りにしておくことに。ホント見所の多い、

満足度、完成度共に高い傑作でした。「キック・アス」級のBGM

があったら神映画になったでしょう。映画終了、エンドロール

と思った直後に大事なシーンがありますので、ゆめゆめ席を

立たれませぬよう。

    2015年10月1日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ