院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

洗うべからず

さていよいよ秋到来の気配ですね。とても爽やかな日が

続くと嬉しいですが、我々からすると「乾燥の季節が来たぜ」

と構えるものです。


特に顕著に乾燥の影響を受けるのが皮膚です。乾燥肌、

ヒビ割れ、かゆみ、などが増える季節でもあるのですね。

もっと寒くなるとこれにしもやけが加わりますが。

もちろん乾燥に対するのは保湿です。界面活性剤を含む

クリームベースの保湿剤を避けて頂きたいのはこれまで

何度かお伝えしてきましたが、同じ理由で「洗いすぎない」

ことも重要です。


我々の皮膚には皮膚常在菌という菌がびっしり住んで

いて、彼らのおかげで他の菌が定着しないようになって

います。いわば生物的バリアです。で、彼らはヒトの皮膚

から出る皮脂をエサに生きているので、皮脂不足では

常在菌の発育が悪くなりバリア機能が落ちることになるん

ですね。高齢の方で皮膚が乾燥して赤くかゆくなるのは、

皮脂が出にくくなっているからに他なりません。


若くても、良かれと思って毎日皮膚をゴシゴシ洗剤で

洗っていると界面活性剤の影響で皮脂が落ちすぎて

しまって、より乾燥し皮膚のトラブルを招きます。

アトピーのお子さんに、菌が炎症を起こすってんで必要

以上にシャンプーやボディソープで洗って悪化させる

ケースもあります。


皮脂は大事。また、乾燥と緊張は相関します。緊張して

口が渇くように、皮膚が乾燥していると体の緊張も取れ

づらいのです。お風呂ではあんまりゴシゴシせず、ゆっくり

首まで浸かって良い睡眠に備えてください。

    2015年9月14日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ