院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

外反母趾の原因

一昔前までは外反母趾は成人中高年女性の病気として

認知されていました。足の親指が外に向いちゃう変形

です。しかし最近は子供にも、男性にも見られるように

なっています。これは果たして…?


外反母趾の原因として、踵が高くてつま先が狭いヒール

靴がよくやり玉に挙がります。しかし前述の通り子供

にも見られることから、増悪因子ではあっても原因では

ないと言えます。この子供に増えているというのが

キーワードで、外反母趾は恐らく足背の筋力低下による

アーチ形成不全が原因と思われます。


簡単に言うと足のクッション作用が落ちて平ぺったく

なるのが原因、と言うこと。よく外反母趾の方は変な

部位にタコがあります。これは外反母趾になったから

おかしな部位に当たってできるのではなく、足が平べっ

たく変形するからできるものです。つまり外反母趾より

も先の症状であり、外反母趾の予測因子になる変化、と

言えるわけですね。


特に前足底の中央や足趾の背側にタコができている人は

既にアーチが潰れている証拠ですので、外反母趾予備軍

と言えます。クッションを復活させないと進行してしまい

ます。そう考えると趾の間にスペーサーを挟む市販の

グッズにあまり意味が無いことも分かるでしょう。


では今日からできることはあるのか?実は既存の外反

母趾体操でよいのです。趾でタオルを握ったりそのまま

振り回したりするアレです。足背の筋力をつけるには

もってこいの運動なので、足裏にタコを発見したら是非

やり始めてください。(^ ^)

    2015年9月3日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ