院長室

« 12月 2018 1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

MEC食

食事療法に興味があったり、あるいはダイエット法を

検索していたりして「MEC食」という言葉をご存知の

方もみえると思います。これはM:Meat、E:Egg、

C:Cheeseの頭文字を並べたもので、肉と卵とチーズ

を中心に食べる食事法のことです。


要は高蛋白食のススメなので、糖質制限食と表裏一体の

考え方ですね。高カロリーで食の欧米化の権化(笑)の

ようなこの組合せが実は身体に良いってんで、糖質制限

同様一大センセーションを起こしております。蛋白

摂取はもちろん大切なことなので、MEC食は正しい

とは思いますが、糖質制限で低血糖を起こしてしまう

方がいるのと同じで、万人向けとは考えない方がいい

でしょう。


特に蛋白は消化の手間がかかる食材でもあるので、MEC食

にしたら便通異常が出る、という場合は続けるべきでは

ないです。そんな方はそもそも腸内環境が悪くアレルギー

持ちだったりするので、MEC食にしたら却って腸内環境

が乱れてアレルギーが悪化、となりかねません。まずは

腸内環境を整えることが優先ですね。


すると、やはり日本古来の穀物食の方が日本人には合って

いるのだ説が有力になって、食事療法は混沌としてきます。

こういう「どっちが正しいの?」論争は個人の栄養バランス

を無視している点で、あまり意味が無いと思います。やはり

しっかり解析して優先される物から摂る、というのがスジ

でしょうね。


ただ現代日本人の疾病傾向から見ると、殆どの人に足りて

いない物があります。それはマグネシウム、EPA、ビタミンC

です。加工食品が増えたことや様々なストレスが多いことが

原因です。おっ?!マグネシウム(Mg)、EPA、ビタミンC

ってMECじゃん!青魚を焼いて天然塩とかぼすをかけて頂く、

こんなMEC食はいかがでしょう?(^ ^)

    2015年8月31日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ