院長室

« 11月 2017 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「M:I ローグネイション」

スタローン師と並んで僕の中で常にスターであり続ける、

トム・クルーズさんの人気シリーズの5作目です。いや

もうね、満点。座布団10枚、はらたいらさんに2000点、

だっふんだ(?)です。何となく気持ちは伝わるでしょ?


スパイなれどもパーリナイ!(スルーしてください)な所は

これまで通りで、ほとんどアクション映画と化していますが、

だってトム様だぜ?!スタント無しのアクションとキレキレ

の肉体美なしでは満足せんでしょうが?!という開き直りも

全く気にならないレベルなので問題なし。孤立無援なのに

超高性能メカ使ってるし!とか、心臓止まってから回復早すぎ!

とか、トム様のバイクだけやたら速い!とかツッコミ始めれば

キリがないのもこれまで同様ですが、だってトム様だぜ?!

これは最近よくタッグを組むクリストファー・マッカリーさん

の脚本のおかげでもあるでしょう。


トム様ラブ!な映画のようでもありますが、まあそうなん

ですが(笑)、それを抜きにしてもデキが良い。テレビCMでも

宣伝されまくっている飛行機ぶらりんちょのシーンが何と冒頭

の挨拶代わりなので、以降の展開に却ってこちらが不安になる

ほどでしたが、アクションに関しては見せ方、長さ、工夫、

全てハイクオリティです。恐るべきアクション映画です。

あれ?これスパイ映画だったっけ。


トム様以外の俳優陣も素敵。一味の仲間である、サイモン・ペッグ

さんなんか隠れヒロイン(?)との評もあるほど。ジェレミー・

レナーさんのツンデレっぷりも、ヴィング・レイムスさんの

デカさ(?)もテッパンね。中でもヒロイン役のレベッカ・

ファーガソンさんは良かった。ヒロインが目立ちすぎると007

シリーズと区別が付かなくなりますが、ちゃんとトム様を立て

ながらも存在感はしっかりあるというね。エライ。


前作までを知っていた方が楽しめはしますが、既に敷居を下げ

まくっているので、「あ、そうだ京都行こう」的なノリで

大丈夫です。(笑)これを機にトム様ファンになっちゃうのも

いいかもね。いやなっちゃいなよ?!スパイ要素はほんのり

香る程度なので、もちろん騙し騙され頭脳戦を期待してはダメ

ですよ。ま、そんな人は既にいないだろうけど。(^ -)☆

    2015年8月20日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ