院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

タイムリーな漢方薬

安打数はあってもタイムリーが出ないのが我が

ドラゴンズの今年の傾向ですが、漢方薬治療では

常に適時打を打ちたいところです。おっ、我ながら

ウマイ。(^ ^)


さてこの時期タイムリーな疾患と言えば熱中症です。

年々暑くなるせいか、熱中症搬送数も上昇の一途

です。猛暑の甲子園、大丈夫かね?中京大中京は

勝ったようですが。


もちろん熱中症の予防・治療には水分とミネラル補給

が第一なのは言うまでもありません。その補助として、

有用な漢方薬もあるよ、くらいのレベルですが確かに

飲んでおいた方が良い場合があります。


では熱中症はどんな病態でしょうか?暑さでボーッと

して、めまいや頭痛、嘔気が出ます。口が渇いて動悸が

出たりもします。食欲が落ちて下痢をする人もいますね。

これらの症状に合致した生薬を含む方剤が適当、となる

わけですが具体的に有用なのは


・石膏、知母…冷やしながら潤します

・人参、黄耆…食欲増進して元気にします

・黄芩、黄連…強力に冷やします

・茯苓、蒼朮…めまいや下痢を抑えます


この辺り。こういった生薬を含む薬の中から患者さんの

症状に合わせてよりマッチしているものを処方している

のです。夏バテに有名な清暑益気湯という薬は上記生薬

をまんべんなく含むので、広く使用されるんですねぇ。


よく漢方薬は患者さんに合わせたオーダーメイド治療だ、

なんて言われますが、保険エキス剤を使う以上、このように

ベターなものを選んでいるだけなので、むしろレディメイド

だと言えますよね。

    2015年8月6日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ