院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

虫刺されと湿潤療法

この季節、外での作業や旅行で困るのが虫刺されです。

夜に昆虫採集へ出かけてむしろ自分が蚊のエサに、

なんて笑えませんね。(笑←ワラットルガナ)


さて、「キズやヤケドに湿潤療法」がウチの合い言葉

ですが(今作った)、虫刺されにはどうでしょうか?

虫刺されのかゆみは注入される毒素のせいらしいですが、

かゆみはすべからく乾燥で悪化します。ということは

乾燥させないのが主眼である湿潤療法は十分効果を

期待できそうです。


実際、蚊に刺された部位に薄くワセリンを塗ってプラス

モイストをあてると結構早くかゆみが止まります。

僕は両足を同時に蚊に刺された時に、片方はワセリンで、

反対側はワセリンベースのステロイドを使って被覆して

みましたが、あまり差はなくかゆみが治まりました。

夏井先生のサイトではムカデに刺された時の対処法も

紹介されていますが、なんせこの辺りではムカデに

あまり遭遇しないので試しようがない。(^ ^;)


では、全例これで良いかと言うとそうでもありません。

それは細菌感染を起こしている場合です。掻きむしって

キズになりそこで菌が増殖した、いわゆるトビヒの状態

ではやはり抗生剤が必要です。ステロイドを使用したら

却って悪化します。また、被覆に使用するツールも、

キズパワーパッドでなく、プラスモイストが良いでしょう。


キズパワーパッドは粘着が強く、それ自体でかゆみを

起こすこともあり、注意が必要です。ちなみに、アセモ

やテープかぶれ程度あれば、重曹を水に溶かしてスプレー

するだけで改善することもあります。汗っかきな僕は

これにミント油を数滴垂らしたものを愛用しています。

お試しあれ。(^ ^)

    2015年7月27日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ