院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

癌と闘う③

癌の性質を知れば闘いも有利に進む。DNA複製のミスプリント

によって癌が発生することは理解頂けたと思いますが、では、

不幸にも癌が発生してしまったら打つ手は無いのかと言ったら

そんなことはありません。癌が大きくなるのにもちゃんとルール

があるからです。


癌は基本的にゆっくり大きくなります。約1cmの大きさになる

のにも10〜15年かかると言われています。早期癌が喜ばれる

と書きましたが、現状の医療技術では1mmの癌は発見できません。

つまり我々が画像検査で見つけることができるよりも、はるか

前に癌は発生しているのですね。


では癌はどうやって大きくなるか。キーワードは「糖」です。

癌細胞は正常細胞よりも5倍以上の糖を必要とします。超甘党

なんです。(笑)その糖をエネルギーとしてタンパク質を材料に

どんどん大きくなります。ただここでも特殊な性質があって、

癌細胞は人間が食べた食事中のタンパク質は利用できません。

人間の体タンパクを分解して利用します。人間の体でタンパク質

が豊富なのが血液と筋肉です。特に筋肉は糖に変換できるタンパク

質を多く含むので癌細胞にとっては一石二鳥です。癌患者が例外

なく痩せるのは筋肉を癌細胞に持って行かれるからです。同様の

機序で血液も分解されるので、いわゆる貧血も必発です。


筋肉が減ればカロリー不足になって体温が下がるので、冷え症に

なるし、酵素活性は落ちるしで、とてもしんどくなります。また

貧血で体中が酸欠になりますから、冷えに拍車がかかって

凝りや立ちくらみや疲れも増幅します。俳優の今井雅之さんの

会見を覚えている方も多いと思いますが、痩せて立つことも

できず、声を出すのもやっとでしたね。それは癌によって筋肉と

血液を奪われたがためです。


癌は日本人にとても多く、死に直結する怖い病ですが、癌細胞

そのものに殺されるのではなく、癌細胞に貴重なタンパク質を

根こそぎ持って行かれて栄養失調が原因で死に至るのです。

    2015年7月20日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ