院長室

« 10月 2017 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「バケモノの子」

宮崎駿監督が引退された今、日本のアニメ映画の担い手と

しての責を負ってしまった感のある細田守監督最新作です。

今作でまだ4作目なのに、他にヒットメイカーがいない、

というか、タモロスならぬ宮崎ロスに陥っているアニメ

業界では何とか変わる盟主が欲しい空気が漂っているために

無理矢理に押し上げられ、結果全国民受けする作品を作る

しかなかったようなやるせなさを感じます。ちょっと同情。


前作「おおかみこどもの雨と雪」では母子のお話でしたが、

今作は父子のお話。安直〜!と思ってしまうけど、師弟ムービー

でもありバディムービーでもあるという点ではまあ幅はあるの

かな。不幸な生い立ちから孤独を感じ、排他的になった

主人公が新たに獲得する仲間達との成長ストーリーなのですが、

まあ、全ての演出が既出感満載なのがいけない。金太郎飴の

ようにどこから切っても新鮮味がないので、せっかくの

美麗なアニメも、アクションシーンもオドロキが少なくなって

しまっています。


声優陣も最近の大河ドラマ宜しく、旬の豪華俳優陣で構成されて

います。大河もアニメもこんなことしてたら新しい才能を伸ばせ

ないと思うのですが、まあ話題性がある方がスポンサーも付き

やすいでしょうから、仕方がないのかな。大泉洋ちゃんが活躍

するのは嬉しいけれど、この映画は断るべきだったような。

でもベタなストーリーを力技で盛り上げてくれた役所広司さんや、

マルチな才能を発揮し続ける宮崎あおいさんはさすがでした。

驚いたのは広瀬すずさん。何このコ?!すごいじゃん。ネット

では何か叩かれてましたが、こんなん見せられたら声優の卵達は

皆ヤケ酒でしょうな。(^ ^;)


なんかこき下ろしてますが、平均点以上の感動は得られますので、

僕の「無難嫌い」のメガネを通した感想と思ってください。ああ、

知ってますか。(笑)前作での胸が苦しくなるような感動や、

やっかみに似た誹謗はなさそうな今作ですが、多分監督自身も

ジブリ化するのは避けたいところでしょうから、次作の “とんがり”

の前フリ的位置づけ作として納得しておくとしよう。

    2015年7月16日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ