院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

HP記事更新しました

当HPの「当院の治療」ページの「保険外診療」にはり治療、

自律神経調整療法、有機酸検査の3項目を追加しました。

はり治療については以前少し紹介しました。僕の弟が鍼灸師と

して勤務し、施術しています。


自律神経調整療法は遠絡療法をベースにしたツボ刺激治療です。

はり治療と若干かぶりますが(^ ^;)、こちらは僕が施術

します。遠絡療法は経絡刺激を公式化して汎用性を付加した

点が特徴で、当初は痛み治療をメインに応用されていました。

手技が成熟するにつれ、痛みのみならず不眠やイライラ、

冷えやのぼせ、便通異常などの自律神経症状にも効果が出る

ようになりました。要は痛みも精神症状も消化器症状もその

根幹には自律神経の異常があったということですね。


当院ではこの遠絡療法の手技に加えて、さらにつむじや爪など

の経絡刺激を追加して自律神経の調整を行います。…と聞くと

めっちゃ良い治療のように響きますが、ツボ刺激は痛いです。

時に、強面の男性も泣きそうになるほど。(笑)それでも

内服薬ではあまり効果が出ないとき、一度に多彩な症状が出て

いるときなどはお勧めしたいと思います。


そして聞き慣れない有機酸検査。人間の代謝にはもの凄い数の

有機酸が関与しているので、これを見ることで代謝の状況を

知ることができます。血液検査は必ずしも細胞内の状態を反映

しませんが、尿は細胞で使用された物質を多く含むので、

細胞内の状態を反映しやすいのです。特筆すべきは腸内環境を

推察できること。頑張って食事療法をしても、たくさんサプリメント

を飲んでも症状が改善されないときは、吸収能力の問題を

考えねばなりません。そこを評価できる検査として重宝します。


有機酸検査はIgGアレルギー検査同様、海外での検査になるので

検体発送の手間などで高価な検査になりますが、早朝一番尿を

検体として使用しますので、自宅で検査発送をして頂く必要が

あります。これが一番ネックかも知れませんね。ただ現状、最近

注目の腸内環境を調べられる検査は限られていますので、治療が

停滞している場合、その要因を探すには良いと思います。

    2015年6月15日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ