院長室

« 10月 2017 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「駆込み女と駆出し男」

最近の洋ちゃんの活躍はめざましい。北海道時代から人気者

だったけど、ここまで全国区になるとは思わなんだ。しかも

やたらめったら露出するのではなく、しっかり作品を選んで

いるところが好ましい。舞台出身ゆえの大袈裟、わざとらしさ、

が鼻につかないでもないけれど、素がああなんだもの、仕方

がない。(笑)


さて本作は江戸時代のお話で、事情あって離婚したい女性

の駆け込み寺に、故あって居候することになった主人公の

物語。その寺にも容易く入れるわけではなく、入れたと

しても離婚するまでに相応の苦難が伴うわけなんですが、

そこで生まれる数々のハプニングが楽しい。そもそもこんな

お寺があるの知らんかったし。3人の訳あり女性と、洋ちゃん

扮する駆け出し男のやりとりがメインなんだけど、原作が

しっかりしているからか、“舞台装置”がきめ細かくて、むしろ

そっちの方に感心します。当時の食事風景だったり、風呂屋

の描写、書物の管理、などなど…。安心して観ていられる

良作です。


訳あり女性陣は戸田恵梨香、満島ひかり、内山理名さんが

演じていますが、戸田恵梨香が特によい。ほぼ主人公です。(笑)

若手カメレオン女優の称号を与えよう。いや、褒めてます。

満島さんは役にやや無理があり内山さんは出番が少ないせいで

全部持ってかれてます。対抗馬は女将さん役のキムラ緑子さん

かも?!周辺も堤真一、山崎努、樹木希林など名優がズラリ。

出しゃばらない演技でこちらも安心して観ていられる要因です。

堤真一のなで肩は主張し過ぎの感がありますが。(^ ^;)


とまあ、激賞していますが安定感がありすぎて優等生的な

映画であるのも確かです。だから洋ちゃんは出演作に選んだ

のかも知れないけどね。ただ「鉄練り」や「労咳」など当時の

言葉を特に説明なくバンバン入れてくるのにはニヤリとしました。

近年、お笑い番組も字幕で楽しむ時代になっちゃってますから

ねぇ。


観客は結構ハイエイジの方が多かったですが、洋ちゃんの

アップでしっかり笑っておられました。いやー、ホント愛されて

ますわ。一部、ドリフのサクラやってたおばちゃんかと疑うほど

に笑っていたご婦人軍団にはやや閉口しましたけども。(^ ^;)

    2015年5月28日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ