院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ハイドロコロイドの適応

「しみない、剥がれない、濡れても平気!薬も不要!」でおなじみ

(でもないか ^ ^;)のキズパワーパッド、随分と一般にも浸透して

いるようで、患者さんが自己処置で使う市販品の中ではかなり頻用

されている印象です。同時に、キズパワーパッドが原因と思われる

障害も増えています。


キズパワーパッドはハイドロコロイドという素材なのですが、確かに

これは湿潤療法を行う上で、なくてはならない被覆材料です。ただ

このハイドロコロイド、密封性は高い反面吸収性が貧弱なのが大きな

弱点です。そもそもキズからの浸出液には創治癒に必要な成分が

含まれているので、密封して浸出液を逃がさないようにすれば、

早く、痛くなく、きれいに治ると言うのがこの素材を治療に使う

理屈です。


なので、逆に浸出液が多くてジュクジュクしているキズに貼ると

容易に過湿潤状態を招き、皮膚のかぶれ、かゆみ、さらには感染の

原因になります。感染してしまうとキズ周辺が赤く腫れて痛みも出ます。

ひどいと膿が出たり、とびひにもなり得ます。こうなると抗生剤や

抗炎症剤が必要です。まだ湿潤療法が今ほど市民権を得ていない時は、

だから湿潤療法は危険だと攻撃されたもんですよ。このジュクジュク

状態になる代表がヤケドです。ヤケドにハイドロコロイドが向かない

のがお分かり頂けるでしょう。


テレビCMでも「乾燥したあかぎれ」に使用しているところがミソ

ですね。では乾燥したキズならとても良いかというと、実はここも

一工夫必要。ハイドロコロイドのもう一つ大きな弱点が接着性が強い、

ということです。まぁだから剥がれにくいんですが。乾燥したあかぎれ

に貼ると確かに軽度のものはきれいに治りますが、結構深くて大きい

と、ハイドロコロイドを剥がす時にまた割れます。これガーゼ並みに

拷問です。(*o*)なので、乾燥したキズに使う場合でも、キズの上に

ちょん、とワセリンを乗っけておいてから貼ると剥がす時に痛く

ありません。


このハイドロコロイドの弱点を少し改善したのが瑞光メディカルの

「ハイドロコロイド包帯」です。決してヤケドに使えるようになった

訳ではありませんが、吸収性を上げ、粘着性を下げているためトラブル

が少なくなります。またキズパワーパッドより安価なので、常備品と

しても優秀です。ウチでもお分けしていますが、ネットでも購入可能

ですので、これからの季節外出も増えるでしょうから持っておいて

損はないでしょう。

    2015年4月30日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ