院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

新学期、新生活

ウチの姪達もそれぞれ小学校と幼稚園に入学入園しましたが、

皆さんの中にも進学、就職、あるいは異動や転職などなど新しい

環境に身を置くことになった方がみえると思います。こういう

変化は何度経験しても不安半分、期待半分、でドキドキですよね。


東洋医学的に冬から春にかけてはあらゆるものが「目覚め」る

季節なので、これまで持っていた症状が悪化しやすい時期でも

あります。特に新たな環境での緊張と相まって、ストレスに由来

する精神的な過敏症状が出現することが多いです。不眠やイライラ、

動悸にほてり、などなど…。


漢方医学的にはこれらは「気」の異常と判断し、その症状や

所見から「気鬱」や「気逆」と診断します。特に上記のような

症状の時には柴胡、黄芩、竜骨、酸棗仁、厚朴、蘇葉なんていう

生薬が効果的なので、それらを配合する漢方薬をチョイスする

ことになります。「柴胡加竜骨牡蛎湯」なんて薬の名前を見ても

普通はチンプンカンプンですが、柴胡と竜骨が配合されている

ことから、なんとなくストレスに対応した薬なんだなぁと分かる

と思います。もちろん全てのストレスに対応はしていませんが。


それはさておき、ストレスや疲れに対して、甘い物でホッと

しようぜ的なCMをたまに見ますが、これは絶対にNGです。確かに

血糖値が上がるので元気にはなりますが、上がった速度で今度は

下がるので、低血糖を招きます。するとまた甘味が欲しくなって…

の繰り返しに陥り、ホッとするどころか症状が悪化しかねません。

いくらガッキーが「ア〜モンド〜(ニコッ)」と誘っても食べては

なりませぬ。(笑)


この季節はとかく過敏状態になりやすいので、空腹時の糖質は

避けて漢方薬で補助をする、というのが身体に優しい治療になる

と思います。

    2015年4月9日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ