院長室

« 10月 2017 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

世界的品薄

診察でココナッツオイルをお勧めすることが多いですが、

最近テレビ番組でも頻繁に宣伝されるためか、品切れ状態

のお店が多いようです。amazon などのネット通販でも、

入荷待ちの物もあり入手しにくい状況が続いています。


実はウチもこっそりココナッツオイルの取り扱いを始めた

のですが、やはり仕入れ先が品薄になってしまいました。

まだ若干量の在庫はありますが、再入荷は未定の状態です。

仕入れ先曰く、世界的品薄状況なんだとか。これもオイル

ショックと言えるかも?!(笑)


そもそもココナッツオイルを勧める根拠は効率よくケトン体

が摂取できるからです。ケトン体は糖質に代わって細胞の

エネルギーになるので、糖質摂取量を抑制でき、その結果

肥満を防ぎ、低血糖発作も出にくくなるという理屈です。

認知症の一部は、脳細胞が糖質を利用できなくなっている

のが原因なのでケトン体摂取で脳機能が蘇ることにより、

症状改善が見込めるのです。


ケトン体はどんな脂肪からも作られますが、特に中鎖脂肪酸

が効率よく、その中鎖脂肪酸が多く含まれるのがココナッツ

オイルなので、現在のオイルショック状態になっているわけ

です。ただこの理屈が分かれば、ココナッツオイルでなくても

中鎖脂肪酸が摂取できればいいですよね。そんなもんあるの?

あるんです。MCT(=中鎖脂肪酸)パウダー&オイル。これは

なかなか店頭には置いてありませんが、通販で買えます。

オイルショックに立ち往生している方は是非どうぞ。(^ ^)

    2015年3月26日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ