院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「マッハ!無限大」

おいおい、最近映画レビューはどうしたのさ?楽しみにしてんだから

サボってないでヨロシク頼むよ!という幻聴にお応えして、今年初めて

の映画紹介です。


で、本作、どこが無限大かよく分かりません。(笑)「マッハ!!!!!」は

もう10年も前のタイのアクション映画です。「スタントなし、CGなし、

ワイヤーなし、早回しなし!」という前代未聞の超絶アクションで

世界を震撼させました。(多分)そして今作は「スタントあり、CG

あり、ワイヤーも早回しもあり!何でもあり!」と超絶開き直りアクション

に仕上がっています。(^ ^;)もうそれ「マッハ!!!!!」じゃないじゃん、

と思ったら何と「トムヤンクン」の続編という。ややこしいわ。


「トムヤンクン」も「マッハ!!!!」同様トニー・ジャー主演のアクション

映画で、こちらも超人的なアクションが世界を震撼させました。(多分)

追いかけるのが「像」じゃなくて「象」になっただけなんだけど、

異種格闘技戦の色合いが強く、さらに4分間の長回しアクションとか、

連続70人に関節技とか、かなり挑戦的で見応えがありました。


前置きが長くなりましたが、つまりそんな超絶アクションがまた観られる、

という尋常じゃない期待があったわけですよ。トニー・ジャーの素行不良

などから疎遠になっていた監督さんと再タッグを組むとか、どことなく

井上真央に似ている若手女性アクションスター、ジー・ジャーとの共演とか

見所しかないじゃん?!と成功する要素しか見当たらなかったんですわ。


だがしかし蓋を開けてみれば「?」が無限大に広がる珍作になっており

ますた。合掌。いや確かにクライマックス周辺のタイマン勝負とかは

燃えますよ。ジー・ジャーも頑張ってましたし、相棒の警官もラリアット

喰らって一回転してたし(笑)、アクション映画の平均点はクリアして

るんです。だがトニー・ジャーでジー・ジャーでブラッチャヤー・ピンゲーオ

監督なわけです。最強クラスのアクションでなきゃ満足できないのですよ。

「マッハ!!!!!」や「トムヤンクン」はやっぱり凄かったんだな、と再認識

するきっかけにしかなりませなんだ。合掌。


ジー・ジャー主演の「チョコレート・ファイター」の続編企画があるそう

なので、まずはそちらに期待。加齢変化が全く分からないトニー・ジャー

ももう40才だもんね。それはそうと本作の失敗の大部分はキャスティング

だと思うんだ。こういう映画には個性的で絶望的に強い敵キャラが必要

なんですよ。RZAさんのワル顔はハンパないので好きですが、やはり

本業はミュージシャンだしねぇ。エキストラわんさか使った大規模な

アクションシーンじゃなくて、タイマンどアップ戦闘シーンに資金をかけて

欲しかったどす。あぁ「トムヤンクン」観たい。(笑)

    2015年2月16日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ