院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「インターステラー」

壮大。かつ重厚。クリストファー・ノーラン監督最新作はシンチー監督の

「西遊記」よりもはるかにとんでもねー映画でした。だいたい僕にとっての

映画ベストラップは100分で、長い映画に傑作なし!が持論だったんですよ。

それをこの監督はことごとく覆してくれてるのです。本作も174分という

長尺ですが、全く無駄なシーンがないという僕の持論をあざ笑う作品。さすがに

観終わった後はフルマラソンを走ったが如く疲れますが(走ったことないけど)、

野球で完封勝利したかの如く爽快です。(完封どころかキャッチャーミット

まで届かないけど。)


さて肝心のストーリーですが、ごく近い未来、環境の悪化から人類は絶滅の

危機に瀕しています。何とか生き延びるべく、地球以外の惑星へ移住する計画が

密かに進行しており、その探索に主人公が選ばれる、というもの。特筆すべきは

ここまでは序の口で、ここから先の展開はキャストも含めて公開まで頑なに秘密

にされてきた、ということです。「西遊記」なんてCMで内容フル公開してたような

感じだった(笑)けど、本作においては徹底した機密管理がされていたようです。

これはとても成功しており、何かとネタバレが多い現代において、先が読めない

ドキドキを楽しめます。


「2001年宇宙の旅」、「コンタクト」、「ゼログラビティ」といった

古典から現代に至る宇宙ものの傑作にオマージュを捧げながらも、ノーラン監督

らしいリアル志向は健在で、宇宙ものでありながら、極力CGを使わないという

暴挙(笑)に出ています。200haのコーン畑のシーンはなんと苗から育てた

そうです。アホや。宇宙物理学についても専門家がアドバイザーについていたりと

抜かりはないのですが、さもすると素人置いてけぼりのハードSFになりそうな所、

コアは「愛と信念」という、誠に分かりやすい構成なので結構万人向けだったり

します。まあ巨額の制作費を費やしているので、一部のオタク受け映画にするわけ

にはいかんのでしょうけども。(^ ^;)


主演のマシュー・マコノヒーさんや、アン・ハサウェイ、マイケル・ケイン、と

名優揃いで演技も素晴らしいのですが、いかんせん作りがとんでもねーので、

過小評価されてしまうかも…。とてつもない感動を与えてくれたことに感謝し

ながらも、監督の才能への嫉妬を禁じ得ない複雑な心境になりました。どうぞ

その眼で確かめてください。(^ -)☆

    2014年12月1日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ