院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

地球温暖化と身体寒冷化

東洋医学では人間は自然の一部と考え、四季の移ろいや食材も

治療に応用したりします。自然と生物を一つの生命体と捉える

ガイア理論なんてのもありましたね。いずれにせよ、自然界と

人間は密接な関係があるということですが…


近年、特に地球温暖化が叫ばれ、近頃の異常気象も全てこれに

起因するというニュースもありました。地球は温暖化していて

それに呼応して人間も温暖化(?)しているのかというと全く

逆で、低体温や冷えに悩む人が増えています。原因は様々ですが

大概は熱量産生不足か血流低下、もしくはその両方が存在します。


熱量産生不足は例えば甲状腺機能低下症やビタミンB群不足、

血流低下は動脈硬化症や低血糖なんかが挙げられます。それぞれ

がもちろん治療の対象になるのですが、さらにその奥に目を向け

れば、どちらにもストレスの存在があります。根本的にはやはり

ストレスマネジメントがとても重要だと思います。


かたや地球は温暖化、人体は寒冷化して真逆のように見えますが、

地球の温暖化も過剰な炭酸ガスや森林伐採などの環境汚染が原因

なのですから、実は人体と同じストレスが原因とも捉えられます。

自然も含めて、現代は全てのものが無理しすぎてるのですな。


仕事や家事や介護など、義務で責任と思っていることも、実は

意外とそうでもないかも知れませんよ。もしそうであっても、

ちょっと肩の力を抜いてみることがきっと必要です。そうすると

地球にとってもエコになるような気がします。

    2014年11月10日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ