院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

どうしてこうなった、的な

今週から「すべてがFになる」という新ドラマが始まりました。武井咲、

綾野剛主演のミステリーです。原作は森博嗣さんで、なんともう20年

くらい前の作品です。この作品がデビューで10作連続のシリーズものでも

あります。


で、例によってドラマが原作ファンから酷評を受けているそうです。森博嗣

作品は本作に限らず、台詞が端的だったり、舞台設定がマニアック過ぎたりと、

そもそもドラマ化に極めて不向きなんですよ。何を隠そう僕も森博嗣作品は

デビューの頃から大好きで、ブログ集を除けば最近のエッセイまでほとんど

読んでいます。トリック偏重の傾向があったミステリー界を変えたという意味で

「森以前」「森以後」と歴史を分けても良いと思うほど、他の作家にも影響を

与えたと思います。当時は京極夏彦を文系ミステリーの旗手、森博嗣を理系の

旗手みたいに宣伝してましたね。懐かしい。


原作ファンから叩かれるのはよくあること、と言うか原作ファンは粗探しを

しようとして観る節があるので、今作も叩かれるのは織り込み済みなんでしょう。

その方が逆に話題になる、くらいの計算はきっとしてるでしょうね。原作の

コピーがいいなら原作読みゃいいし、全く別作品として観る姿勢が本来前提

でしょう。なので原作ファンの僕でも、犀川先生のキャラが全然違うとか、

真賀田博士が全く天才っぽく見えないとか、武井咲かわいいとか(?)は

まあ許せる範囲。だが一点だけ。シゲ、33分探偵の時の刑事と変わってない

やん…。(;  ;)


ちなみに第1話が「冷たい密室と博士たち」だったので、もしや脱稿順に

するのかな?となると次は「笑わない数学者」か?叙述トリックの作品は

映像化できないから、10作品全部はやらないとして、「すべてはFになる」

の事件を最後に持ってくのかな…。でも真賀田博士いきなり顔出ししちゃった

しな…。みたいなひねくれた楽しみ方で次回以降も観ようと思います。(笑)

    2014年10月23日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ