院長室

« 10月 2017 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「フルスロットル」

イケメンで演技も上手く、アクションもこなせる、期待度の高かった

俳優ポール・ウォーカーさんが交通事故で亡くなったため、今作が彼の

遺作になりました。でも遺作でなければ観なかったかもなぁ、なデキ。


そもそも10年前に「アルティメット」というアクション映画が製作され、

そのリメイクが今作なんです。この作品の売りはパルクールという、

恐ろしく高い身体能力を要求されるアクションの数々でした。ノースタント

でこんなことできるんだ!と驚かされたものです。ダヴィッド・ベルさんが

創始し、自身が主演で演じてもいました。


ポール・ウォーカーさんがパルクールに挑戦?!というわけじゃなく、

なんとまたダヴィッド・ベルさんが同じ役をやるという、いきなりリメイク

の意味あんの?な展開。いまだに第1人者とは言え、そりゃあ10年前の

キレは無いわけですよ。ポール・ウォーカーさんファンに配慮してか、

カーアクションが増えて肝心のパルクールは少なめ。ムキムキ度が変わらない

のは凄いけど、それだけじゃあねぇ。(^ ^;)


そして脚本もほぼ当時のままです。脚本は、いまや珍作メーカーと化した

リュック・ベッソン。今作は輪を掛けてトンデモな展開なので、珍作に

寛容な人でなければ耐えられないかも。ここでもリメイクの意味あんの?

と問いたくなります。振り返れば「レオン」以外ほぼ珍作なので、これは

これでベッソンテイストなのかも知れません。「フィフス・エレメント」は

好きだけど。


まあそんなわけで、ポール・ウォーカーさんに特に思い入れがなければ、

素直に「アルティメット」を観ましょう。

    2014年9月11日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ