院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

いまさら鑑賞記

やっと夏休みが終わって、ホッと一息ついているお母さん方も多いと

思いますが、僕にとっても夏休みは厄介なのです。そう、映画館のライン

ナップがお子様シフトになるから!まあ当然と言えば当然で、僕も子供

の頃はドラえもんを観に連れて行ってもらったものですが…。なので

必然的にどうしても自宅鑑賞が増えるのです。そんなわけで、お送りします。


・スノーピアサー

いやあ、バカだ。そして大好きだ。公開当時は設定がバカらしくてスルー

したんだけど、観てよかった。寒気によって人類が滅亡し一握りの生き

残った人々は走り続ける列車の中で大層なヒエラルキーの中で暮らしている。

ね?意味不明でしょ?(笑)でもこの突き抜けた設定を最後には納得させて

しまう迫力があります。俳優陣もよかった。ティルダ・スウィントン、すげー。


・リベンジ・マッチ

スタローンvsデ・ニーロのボクシング映画、と聞いただけで胸躍る人向けの

作品です。(^ ^;)年老いたボクサーが若い頃の決着をつけると言うだけの

ストーリーですが、そこかしこに「ロッキー」と「レイジング・ブル」の

パロディが。ついでに「リトル・ミス・サンシャイン」も?ここらにニヤニヤ

しながら楽しむ映画なのでストーリーはわざとシンプルにしたのかも。でも

それで正解。さすがの両雄を堪能できます。


・スタンリーのお弁当箱

珍しくミュージカルパートのないインド映画です。しかもこちらも珍しく尺が

短い。(笑)スタンリー少年の通う学校でのお弁当に絡んだ一悶着、な映画

ですが、実は決してほのぼの学園ドラマではありません。そしてそれが明か

されるのは最終盤になってから。それまでは「?」も浮かぶようなヘンな映画

です。これで尺が160分とかあったら観るのやめてたでしょう。(笑)

我慢強さに自信がある人はどうぞ。


・ハリケーン・アワー

今は亡きポール・ウォーカーさん主演のディザスター・ムービーです。子供が

産まれたまさにその日に記録的なハリケーンが病院を直撃するというお話。

電源が喪失し子供の生命維持のために手動で電気を供給しながら、脱出方法を

模索するという、もうどうやって助かるのよ?!と思わず唸るハラハラ感を

味わえます。小粒ですがスパイスの利いた作品ですなぁ。ちなみに今週ポール・

ウォーカーさんの遺作が公開されますね。


・武器人間

いやあ、バカだ。あれ?2回目?(笑)第2次大戦中、秘密任務で行動中の部隊

が遭遇したのは、体に武器を仕込まれたナチスの人造兵士たちだった!ね?バカ

でしょ?人造兵士たちもデキの悪い特撮レベルなので、はっきり言って噴飯もの

の映画なんですが、もちろん狙ってやってるので、バカ&グロが好きな人には

堪らないでしょう。この分野ではタランティーノ、ロバート・ロドリゲスという

巨頭がいるので、ちょっと2番煎じ的な印象になってしまいますね。


    2014年9月4日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ