院長室

« 11月 2017 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

燃えてよドラゴンズ

ふぬぬぬ。現状、クライマックスシリーズもかなり危うい状態の

我がドラゴンズです。正念場となったタイガースとジャイアンツの

6連戦でまさかの1勝5敗。ここで選手達も気が抜けてしまった

かのようです。


ドラゴンズに限らず、故障者の多さが目立つ気がします。和田など

の骨折は事故だから仕方ないとしても、靱帯損傷や肉離れなどの

いわゆる軟部組織損傷が多い。松阪やダルビッシュもそうですよね。

悔しさをぶつける場所がないので(笑)、この軟部組織損傷を

栄養学的に評価してみましょう。


靱帯や腱などのしなやかさが要求される組織にはコラーゲンが豊富

です。コラーゲンのおかげで弾力が維持できるわけです。となると

軟部組織損傷の一因にコラーゲン不足があるかも知れません。食事

からコラーゲンを補給してもそのままでは吸収されないので、体内で

合成ができているか、が問題になりますがコラーゲン不足を確かめる

方法はなかなかありません。ただコラーゲンの合成には鉄とビタミン

Cが必須なので、鉄不足やビタミンC不足が疑われれば、すなわち

コラーゲン合成障害があると見なせます。


鉄不足はフェリチン値やMCVという項目から類推できますし、

酸化ストレスに関連する項目に上昇があればビタミンCの不足が

疑わしいです。


さらに運動後には炎症が残りますから、この炎症を早く治められるか、

も軟部組織損傷の発症を左右する重要な因子になるでしょう。炎症を

左右するのは脂肪です。特に、多価不飽和脂肪酸という脂肪の中でも

オメガ3系の脂肪酸が炎症を抑える作用があります。その代表がEPA

です。青魚の油ですね。EPAの充足状態も調べるのは難しいの

ですが、そもそも足りている人はいないようです。


ということで、ドラゴンズの選手には赤身の肉と青魚にレモンを

大量にかけて食べて頂きたい!誰か差し入れて頂きたい!(笑)

    2014年8月28日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ