院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

熱中症にも漢方薬?

これもこの時期たまに質問されるのですが、YesともNoとも言える

というか…。なぜこうどっちつかずの態度になってしまうかと言うと、

そもそも漢方薬は西洋医学的診断名に対応していないからです。


熱中症と言っても直ちに救急処置が必要な場合もあれば、少し食欲が

低下しているだけの場合もあります。救急処置が必要な場合には

漢方薬の登場する余地はありませんから、上記の答えはNoとなります。

食欲が低下している時に使う漢方薬は数々あるので、こちらであれば

答えはYesとなるわけです。この場合も決して「熱中症」に対して処方

しているわけではなく、あくまで「食欲低下」に対して処方している

だけです。


とは言え、熱中症に頻用される漢方薬があるのも事実です。例えば

清暑益気湯(セイショエッキトウ)という薬は有名で、この時期発注が重なって

在庫薄になることも。(^ ^;)では熱中症のどんな状態に使用するかと

言うと、胃腸症状がメインの場合です。この薬は四君子湯(シクンシトウ)

という食欲を出させる薬がベースになっているので、暑さで食欲低下

している人が適応です。四君子湯に熱をさます生薬や汗を止める生薬が

加わっているので熱中症向け、ということになっているのです。


では食欲低下がない比較的急性の熱中症はどうでしょうか。そんな時は

頭がのぼせて口がカラカラになりますよね。ならば熱を冷ましながら体を

潤せばよいので、そういう効能のある生薬を含む薬が適応になるわけです。

具体的には白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ)という薬がちょうどよいですね。


熱中症に限らず、診断名ではなく「どういう状態なのか」が漢方薬を選ぶ

上ではとても重要です。そしてその状態を的確に診断できるかが医療者側

のウデということになります。

    2014年8月21日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ