院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

粉瘤増えてます

粉瘤とはオデキの大きい版みたいなもので、毛穴に排泄物が

詰まって炎症を起こす病気です。炎症が起きなければ無症状

ですが、自壊すると悪臭のある内容物がドロッと出てきたり

します。


背中や臀部、脇など汗をかく部分に多いので、必然的にこの季節

は悪化する場合が多いんですね。何年も飼ってた(?)粉瘤が

ついに噴火した、とかしこりが急に赤く腫れてきた、とかで受診

されるケースが多いです。


いまだに「炎症があるうちは切開できないから痛み止めで様子見て」

なんて説明されることもあるようですが、これは全くの間違い。

内容物が原因で感染、炎症しているのですから直ちに切開して

中身を出さなければ症状はあまり変わりません。痛み止めも

効果が薄いでしょう。切開して中身を絞り出しても、それだけでは

また再発することがあるので、内容物を包んでいる袋も一緒に

取ることが重要です。切開と言っても麻酔しますし、そんなに

大きく切る必要もないので大丈夫です。むしろ内容物を絞られる

方が痛いかも?(^ ^;)


では粉瘤ができやすい条件ってあるのかが気になりますよね。これは

偶然できるものではなく、やはり感染を起こしやすい状態だから、

ということになりますが、それは糖過剰です。粉瘤の患者さんの

ほとんどは何らかの生活習慣病を持っていることが多いのですが、

生活習慣病の根幹には糖過剰があることは何度か紹介しました。

ここでも糖の過剰摂取が悪事を働いているんですなー。


できてしまったものは素直に切開するより仕方ないですが、できない

ようにする工夫も並行してもらうと、僕に全力で絞られずに済む

はずです。(笑)

    2014年8月4日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ