院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

一般向けAKA−博田法本

3月にテレビ番組で取り上げられてから、ウチに限らず他の

クリニックでもAKA−博田法の予約電話が殺到したそうですが、

ようやくその影響も収まりました。遠方から来て頂いた方も

いましたが、僕の場合有効率は6〜7割といったところでした。

もっと腕が良ければ…と悔しい思いもしますが、これは徒手療法

の永遠のジレンマかも知れません。


そんな中、AKA−博田法の一般向け書籍が発刊されました。タイトル

は何と「たった5分間で9割の腰痛がよくなる本」(°o°)!

この手の本はどうしても誇大な表現になりがちですが、著者はAKA

医学会理事長の片田重彦先生で、もちろん腕は折り紙付きですから、

9割もあながちウソではないでしょう。


本文中でも片田先生が述べられていますが、AKA−博田法は厳密な

適応や施術方法が定義されているので、いわゆる“神の手”的治療

ではありません。患者さんは触られているくらいにしか感じないので

不思議な感覚になるみたいですが、実はそこがキモで、関節の

わずかな動きを調整するためには、関節を緊張させないことが重要

ですので、触られてる感じ、とか押された感じをさせるようでは

まだまだ未熟、となるのです。講習会でもひたすらそこを注意され

ます。(^ ^;)


AKA−博田法に限らず、徒手治療の場合は術者の熟練度が治療結果に

反映されますから、もちろんウデを磨く努力は必要ですが、10年後に

上達しても目の前の患者さんは治せません。そういう意味ではひとつの

治療法に固執しない、という考え方も臨床では必要と思っています。

    2014年7月28日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ