院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」

最近、吹っ切れたようにアクション映画に出まくっている我らが

トム・クルーズさん。スパイアクション<SFアクションと思いきや

来年には「M:I:5」が控えている模様。衰える前に続編やっとく!?

的な感じだろうか。(笑)ファンには堪りませんが。


で、今回はSFパート(?)な訳ですが、この作品実は原作が日本の

ライトノベルだそうです。でもキモの設定だけ受け継いで、その他は

盛大に改編されているらしいので、あまり前面に押し出していないとか

何とか。原題も「Edge of Tomorrow」に変わっています。


さてそのキモですが、絶命する度に記憶を維持したまま1日前に戻る

というもの。これがエイリアンとの戦闘中で人類の存亡をかけた日、

という設定なのでアツイわけです。劇中でも「リセット」と言っている

ように、完全にノリはアクションゲームです。何度も挑戦するうちに

強敵も倒せるようになるという。スーパーマリオに熱中した世代なら

間違いなくワクワクするでしょうね。これにエイリアンやらパワード

スーツやらが絡むのでオトコノコ必見と言えましょう。


上手いのはここに「孤独」を盛り込んだ点でしょうか。記憶を維持して

いるのは自分だけなので、何百回と死ぬうちに自分は周囲に愛着が湧く

けれど、周囲には理解されない。さもすると薄っぺらくなりそうな展開

に、この辺りが作品に厚みを与えています。後半の展開は強引な感が

否めませんが、そこはトム・クルーズ力で押し切るという定番(?)で。

まあそれがスターなんでしょうけどもね。しかしやはりトム様出ずっぱり

のトム様映画ですので、そこだけはご了承を。(笑)これも定番か。


難点はクライマックスが夜&屋内なので暗すぎて細部がよく分からない

ところ。「パシフィック・リム」でもそうでしたが、明るい設定にすると

CGのアラが目立つんでしょうかね。(笑)まあでも難点はそれくらいで

タイム・リープものの中ではかなり面白いです。


衰え知らずといえば、スタローン師の「エクスペンダブル3」!いつもの

ジェイソン・ステイサム、ジェット・リーに加え今回はアントニオ・

バンデラス!、ウェズリー・スナイプス!、メル・ギブソン!さすが

分かってらっしゃる。今から11月の公開が楽しみでなりませぬ。(^ ^)

    2014年7月10日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ